グラクソスミスクライン

基礎情報

グラクソスミスクライン(NYSE: GSK)は英国最大の製薬会社。かつては世界の業界最大手に躍り出たこともありましたが、買収・合併を繰り返す競合他社との消耗戦によって首位の座から陥落しています。

銘柄分析

過去数年間は厳しい情勢が続いています。2016年に業績の底を打ったように見えますが、競争の激しい製薬業界において一寸先は闇です。連続増配記録も2015年以降は減配に転じています。依然として高い配当水準を維持していますが、減配リスクは今後の業績動向とともにあります。成長戦略とその成果を注視していく必要がありそうです。

業績の推移

BPSとEPSの推移

配当と配当性向の推移

自社株買いと総還元性向の推移

キャッシュフローの推移

収益性と財務健全性の推移

株価と投資指標の推移

投資方針

現時点で買い増しの予定はありません。成長軌道への回帰が明確になった時点で追加投資を再検討します。

投資実績

過去の投資実績や配当履歴を掲載しています。取引ごとの投資判断については個別記事でご紹介しています。

配当履歴

日付配当金YOC株数投資額
2018年1月12日3,6510.94%90390,298
2018年4月13日6,7111.22%130550,736
2018年7月13日5,1690.94%130550,736
2018年10月12日6,5781.19%130550,736

取引履歴

日付取引取得単価株数投資額
2017年9月19日買付4,474.4450223,722
2017年10月27日買付4,164.4040166,576
2017年11月13日買付4,010.9540160,438
合計-4,236.43130550,736

関連記事

グラクソスミスクラインに関する記事の一覧はこちらからご覧ください。