インドフードサクセスマクムール

基礎情報

インドフードサクセスマクムール(IDX: INDF)は1968年創業のインドネシア最大の食品関連会社。

銘柄分析

4つの主要子会社を通じて、プランテーション経営、原材料加工(製粉、食用油精製、砂糖精製)、食品加工、流通まで、一貫した食品バリューチェーンを構築しています。

企業名時価総額株式保有率事業
インドフードCBPサクセスマクムール10,204億円80.5%食品製造
インドフードアグリリソーシズ345億円62.8%プランテーション経営
*サリムイヴォマスプラタマ413億円73.5%マーガリン製造
**PPロンドンスマトラインドネシア631億円59.5%プランテーション経営
*FPナチュラルリソーシズ非上場21.6%-
**ロクサスホールディングス73億円32.7%製糖
ポガサリフラワーミールズ非上場100%製粉
インドマルコアディプリマ非上場100%食品卸

※2019年10月21日時点での時価総額。米印は孫・曽孫会社の保有比率。桂木麻也『ASEAN企業地図 第2版』および各社ホームページを参照。

主力の消費者向けブランド商品を扱うインドフードCBPサクセスマクムールは、2009年に分離・設立されました。インドネシアの国民食とも言える「Indomie」「Pop Mie」などの即席めんをはじめ、乳製品、スナック菓子、調味料、特殊栄養食品(主に妊婦や乳幼児向け)、清涼飲料水などを製造・販売しています。以下の表はインドフードCBPサクセスマクムールの事業構成です。

事業売上高(十億ルピア)構成比率営業利益(十億ルピア)営業利益率
即席めん7,45266%1,58621.3%
乳製品2,05418%33516.3%
スナック菓子7146%-29-4.0%
調味料6736%7511.2%
特殊栄養食品2232%94.0%
清涼飲料水4544%-47-10.3%
調整値314-3%-2-
合計11,256 100%1,92817.1%

※2019年第一四半期の事業別内訳。アイザワ証券『外国企業レポート』を参照。

インドフードアグリリソーシズは、アブラヤシのプランテーション経営を担っています。研究開発、種子育種、油ヤシの栽培から調理油、マーガリン等の製造・販売までのサプライチェーン全体をカバーしています。 また、サトウキビ、ゴムなどの栽培も行っています。ポガサリフラワーミールズは、インドネシア最大の製粉事業者です。インドマルコアディプリマは、全国規模の物流能力によりインドネシア全土に同社製品や貨物の配送を行っています。

業績の推移

BPSとEPSの推移

配当と配当性向の推移

自社株買いと総還元性向の推移

キャッシュフローの推移

収益性と財務健全性の推移

株価と投資指標の推移

投資方針

国内市場シェアは揺ぎ無い地位にありますが、新興国銘柄特有の不安定な業績・株価となっています。人口・経済ともに右肩上がりの長期トレンドは変わることがないと想定されることから、気長に積み立てていくのがよさそうです。

投資実績

過去の投資実績や配当履歴を掲載しています。取引ごとの投資判断については個別記事でご紹介しています。

配当履歴

日付配当金YOC株数投資額
2012年8月13日1,0102.17%1,00046,525
2013年8月12日1,2372.66%1,00046,525
2014年8月19日8101.74%1,00046,525
2015年6月22日1,3232.84%1,00046,525
2016年7月07日8091.74%1,00046,525
2017年7月19日1,3102.82%1,00046,525
2018年7月17日4,1031.83%3,500224,334
2018年12月6日1,6800.57%5,000296,177
2019年7月16日4,0351.36%5,000296,177
2020年8月19日4,8931.65%5,000296,177

取引履歴

日付取引取得単価株数投資額
2012年3月5日買付46.531,00046,525
2017年10月05日買付74.7680059,806
2017年10月20日買付71.7280057,372
2017年11月22日買付67.3790060,631
2018年9月28日買付47.901,50071,843
2020年2月17日買付59.581,00059,577
2020年7月20日売付44.87-2,000-89,738
合計-59.294,000266,016

関連記事

インドフードサクセスマクムールに関する記事の一覧はこちらからご覧ください。