マラヤンバンキング

基礎情報

マラヤンバンキング(KLSE: 1155)は1960年創業のマレーシアの銀行最大手。

銘柄分析

業績の推移

BPSとEPSの推移

配当と配当性向の推移

自社株買いと総還元性向の推移

キャッシュフローの推移

収益性と財務健全性の推移

株価と投資指標の推移

投資方針

投資を始めた頃に「試し買い」をした銘柄。キャッシュフローをご覧いただくとわかるように、純利益が計上されているにもかかわらず営業CFが大きくマイナスの時期もあります。当社は原油価格に大きく左右されるマレーシア経済を支える最大手銀行ですから、そのマクロ経済の浮き沈みを一手に引き受けている側面があります。高配当であることが唯一の救いですが、これ以上大きな追加投資をする予定はありません。

投資判断

日付格付コメント
2018年5月13日中立(HOLD)原油価格に大きく左右されるマレーシア経済を支える最大手銀行

投資実績

過去の投資実績や配当履歴を掲載しています。取引ごとの投資判断については個別記事でご紹介しています。

配当履歴

日付配当金YOC株数投資額
2015年6月8日1,7643.30%20053,401
2015年11月25日1,0561.98%20053,401
2016年6月16日1,2412.32%20053,401
2016年11月4日7811.46%20053,401
2017年6月16日3,2222.62%500123,111
2017年11月8日3,8921.91%800203,888
2018年7月19日5,5442.72%800203,888

取引履歴

日付取引取得単価株数投資額
2014年12月17日買付267.0120053,401
2017年3月21日買付232.3730069,710
2017年9月28日買付269.2630080,777
合計-254.86800203,888

関連記事

マラヤンバンキングに関する記事の一覧はこちらからご覧ください。