エーアイテイー

基礎情報

エーアイテイー(TYO: 9381)は1988年創業の物流企業。日本と中国・東南アジアを結ぶ国際貨物輸送事業を手がけています。自社で輸送手段を所有せず、需要に応じて運送業者のサービスを利用して貨物輸送を展開するフォワーダーです。

銘柄分析

日常的に需要のある輸送事業を展開するにも関わらず、自社で輸送手段を所有しないビジネスモデル。設備投資を必要とせず、営業力で業績を伸ばすタイプの企業です。

業績の推移

業績の推移は成長企業そのものです。ただ、売上は伸びていますが、営業利益が停滞しています。これは営業に携わる人員を増強していることが要因です。他社サービスを利用するビジネスモデルである事情、高い営業利益率は望めません。

BPSとEPSの推移

1株あたり純資産(BPS)は増加傾向にある一方、1株あたり利益(EPS)は横ばいです。人材へ投資してきた成果がEPSの成長へ結びつくのかが今後のポイントとなります。

配当と配当性向の推移

毎年ではありませんが、連続増配を続ける企業です。創業者の保有比率が高く、経営も担っていることから、上場当初から積極的に増配する企業でした。2015年の急激な増配は東証一部上場記念配当として利益の全てをお盤振る舞いしたためです。配当性向30%を目安と宣言していた時期もありますが、徐々に水準を切り上げています。仮にEPSが停滞したとしても、増配余力はまだ十分あります。

自社株買いと総還元性向の推移

総還元性向は配当性向に自社株買いに要した支出分を加算したものです。エーアイテイーの株主還元政策は配当金のみとなっています。

キャッシュフローの推移

業績の推移が堅調に推移してきた一方、営業CFはほぼ横ばいとなっています。投資CFをほとんど必要とせず、安定したフリーCFを確保することができています。営業CFMは営業利益率と同様に低水準にあります。安定したフリーCFを供給するビジネスモデルが確立しつつあるため、今後も減配の心配は小さいと考えられます。

収益性と財務健全性の推移

株主資本利益率(ROE)は下降傾向にありますが、20%前後は確保しています。また、自己資本比率も直近で急落しましたが、相対的には高い水準を維持しています。借り入れを抑えた上で事業を拡大する、無理のない経営戦略が見て取れます。

株価と投資指標の推移

株価は右肩上がりで留まるところを知りません。一方、短期的に見ればEPSの伸びが低迷していることから、株価収益率(PER)が30%に近づいています。PERが10%前後から急上昇していることを鑑みれば、現在の株価はやや高い水準にあると考えられます。

投資方針

地味な業種のIPOで安値に放置されていたところで取得した銘柄。株式分割によって株数が増加し、連続増配を続けています。徐々に成長力に陰りが見えつつあり、持続的に成長するための投資を行うフェーズに入っています。投資元本の過半数をすでに配当で取り戻していることから、この銘柄で含み損を抱えることは想定しにくいところ。成長を願いつつ長期保有し、追加投資は行わない予定です。

投資実績

過去の投資実績や配当履歴を掲載しています。取引ごとの投資判断については個別記事でご紹介しています。

配当履歴

日付配当金YOC株数投資額
2011年10月28日3,0432.30%130132,340
2012年5月21日3,2772.48%130132,340
2012年10月26日3,2772.48%130132,340
2013年5月21日3,7392.83%130132,340
2013年10月25日3,7392.83%260132,340
2014年5月21日4,5603.45%520132,340
2014年10月24日4,3413.28%520132,340
2015年5月22日16,57512.52%520132,340
2015年10月23日6,2164.70%520132,340
2016年5月23日6,2164.70%520132,340
2016年10月24日6,2164.70%520132,340
2017年5月22日6,2164.70%520132,340
2017年10月24日6,6305.01%520132,340
2018年5月25日7,8735.95%520132,340
2018年10月25日7,4595.64%520132,340

取引履歴

日付取引取得単価株数投資額
2011年5月31日買付1,063.503031,905
2011年7月20日買付1,004.35100100,435
2013年2月26日分割01300
2013年10月29日分割02600
合計-254.50520132,340

関連記事

エーアイテイーに関する記事の一覧はこちらからご覧ください。